森の企画室

森の企画室

木を見て、森も見る。持続可能な森づくりのためのプランニング・プロデュースチーム

木を見て森も見る「森の企画室」

森の企画室は、森に関わる課題を解決するためのアイデアを考え、形にするチームです。

山主さんや地域の人たち、行政の方や企業さん。森に関して、「こうなったらいいな」と未来のことを思い描くことや「困ったな」と考え込むことがあれば、一緒に考えさせてもらえると嬉しいです。

森や地域は多様です。「こうすればうまくいく」なんてことは、なかなかありません。地域の歴史や文化、森の地形、関わっている人たち、目指したい未来。
森や地域によって様々です。だからこそ、私たちはそのひとつずつのことについて、一緒なってと悩み、考えます。

「目指す未来」を一緒に考えて、その上でどんな方法があるかを提案する。それが森ノ企画室です。コンセプトは「木を見て、森も見る」。足元のことを大事にしながら森全体、地域全体のことを考えます。

森の企画室というチーム

やまとわは、森の入口(森づくり・林業)から森の出口(ものづくり・家づくり・PR)、そして暮らしまでをトータルでデザインすることをめざすチームです。

社内に木こりから、フォレスター(森林総合監理士)、家具職人、デザイナーにディレクターまでさまざまなメンバーがおります。
こうしたメンバーで、森の課題を解決するために森林調査からコンセプトづくり、基本計画、商品開発やサービスづくり、ブランディング、PRなどなどトータル行っております。

やまとわ「森の企画室」がきること

森を育む

森林調査
森の構想づくり
林道設計・林道づくり
地域材利活用のプランニング

森のプロダクト・サービスをつくる

森の商品開発
森のサービス開発

森のプロダクト開発
地域材を使ったポータブルファニチャー「pioneer plants
地域の赤松を使った経木ブランド「信州経木Shiki

森とまちをつなぐ

森のブランディング
森の担い手育成プログラム
PR(public relation)
コンテンツ制作
講座・イベント開発など

官民連携による森の担い手育成企画提案「伊那谷フォレストカレッジ
25年の歴史を誇る木こりの養成講座「KOA森林塾
代表中村「みえ森林・林業アカデミー講師

私たちについて豊かな暮らしづくりを通して、
豊かな森をつくる

森の資源を使った楽しい
暮らしの提案を通して、
森と人の距離が近い未来を考える。
森と暮らしをつなぐ会社として
社会をよくしていく。